男の人

実は凶暴なアライグマ|害獣や害虫もしっかり 駆除

アナフィラキシーショック

ハチの巣

害虫にも色々いますが、ハチは攻撃してくる恐れがあるため特に注意が必要な害虫です。日本で特に被害の多いハチは主に3種類です。ミツバチははちみつを集めるため、養蜂場では飼育されているイメージもあり、比較的おとなしいハチですが、巣を作ると大きいものですと数万匹で生活します。刺激を与えると攻撃することもありますので注意は必要です。しかし、アシナガバチやスズメバチにはもっと警戒する必要があります。年間30人ほどがスズメバチの被害にあって亡くなっていますし、スズメバチよりも軽視されるアシナガバチも猛毒のハチです。攻撃性が高いため、不要に近寄るだけでも危険ですので、発見した場合にはすぐに専門のハチ駆除業者に連絡しましょう。

ハチの活動時期は種類にもよって異なりますが、春先である4、5月頃から活発に行動を始めます。この頃は巣を作る場所を探して巣作りに励みます。そのため攻撃性は低くあまり害もありません。しかし、巣が完成して女王バチが誕生すると、一気に攻撃性も高まるので注意が必要です。蜂の巣は木や家の軒下など高い場所に作ることが多く、アシナガバチは毎年同じ場所に巣を作ることが多いようです。そのため駆除後も薬品を撒いておくなどの処理も必要となります。ハチに刺されるとアナフィラキシーショックと言ってショックを起こすことがあります。小さい巣だからといって自分で駆除せずハチ駆除を利用しましょう。ハチ駆除業者に依頼した場合料金は数千円程度ですし、電話一本ですぐに駆けつけてくれます。見積もりを出す際の現地調査も無料で行なってくれるハチ駆除業者もあります。このような明朗会計な駆除業者を選ぶと安心です。